0279-24-1234

〒377-0005 群馬県渋川市有馬237-1

北毛病院
HOKUMOU HOSPITAL

TEL0279-24-1234

〒377-0005 群馬県渋川市有馬237-1

内視鏡室

内視鏡検査は、胃がん・大腸がんの早期発見になくてはならない検査です。また、胃潰瘍等の診断にも有効な検査です。
がんは早期発見・早期治療が重要です。健やかな毎日のためにも定期的な検査をお勧めいたします。

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)

経鼻内視鏡

吐き気がなく、
からだへの負担が少ない

内視鏡というと口からスコープを入れる苦しい検査のイメージを持たれている方もいるかもしれません。現在では従来通りの経口内視鏡の他に、鼻からスコープを挿入する経鼻内視鏡検査も行っています。経鼻内視鏡は舌の付け根に触れないので、吐き気・不快感をほとんど感じません。また、検査中も会話が可能なので検査中に医師に質問することができます。

胃カメラ検査でわかること

日本人に多いと言われている胃がんや喫煙者・アルコール多飲者に多い食道がんといった悪性腫瘍から、胃潰瘍、逆流性食道炎等の疾患の診断にも有効な検査です。

こんな症状の方は胃内視鏡検査をお勧めします

  • ・胸焼けがする
  • ・吐き気、胸焼け
  • ・みぞおちの痛み、胸のつかえ感
  • ・便潜血検査が陽性だった
  • ・血縁者の中に胃がんの人がいる
  • ・黒い便がでる
  • ・飲酒量の多い方
  • ・喫煙者

大腸内視鏡検査

大腸を観察するために大腸専用の内視鏡を肛門から挿入し、大腸内部に発生したポリープや炎症、がんなどを診断する検査です。大腸がんは近年増加しており、女性の死因第1位にとなっています。早期発見のためにも検査をお勧めします。

こんな症状の方は胃内視鏡検査をお勧めします

  • ・血便が出る
  • ・健康診断の便潜血反応が陽性だった
  • ・便秘と下痢を繰り返す
  • ・血縁者の中に大腸がんの人がいる
  • ・便が細くなった

大腸ポリープとは

大腸粘膜に隆起した「できもの」を大腸ポリープと呼びます。ポリープは大きく分けて「腫瘍性」と「非腫瘍性」に大別されます。問題があるのは「腫瘍性」です。

非腫瘍性ポリープは炎症や正常な細胞が集まって隆起した過形成などがあり、基本的には治療の必要はありません。

腫瘍性ポリープの中で良性の腫瘍を「腺腫(せんしゅ)」と呼び、大腸ポリープの約8割は腺腫です。一般的にポリープといったらこの腺腫を指すことが多いです。多くの腺腫はそのままか縮小するものもありますが、サイズが大きかったり次第に大きくなった腺腫はがんの一歩手前の状態と言われており、検査が必要です。