看護学生の皆様へ:先輩からのメッセージ

  • ホーム
  • 看護学生の皆様へ:先輩からのメッセージ

先輩ナースからのメッセージ

Vol.1

先輩看護師
病棟勤務(1年目)

なぜ北毛保健生協で働こうと思ったのですか?

小さい頃からのかかりつけでとても雰囲気が良く、看護師さんの対応も魅力的で、自分もここで働きたいという気持ちが芽生えました。また地域の方との関わりも多く、班会や炊き出しを行ない、困っている人を積極的に助けるというところにも惹かれました。

研修体制も整っており、ここでなら自分を1人前の看護師にしてくれると思い、北毛保健生協を選びました。

業務を振り返ってみていかがですか?

実際就職してみて、看護師という仕事がいかに大変かを学ぶことが出来ました。その中でも周りの人の支えが大きく、少しずつ成長していると思います。患者様や地域の方からも「お疲れさま」「頼りにしているよ」「ありがとう」などと声をかけていただき、励みになっています。班会などで地域の人と話す機会もあり、個々にある悩み、不安を傾聴して少しでも役に立てるよう努力していきたいと考えています。

新病院も建ち、これからは今以上に地域の方の支えが必要になってきます。それに応えられる医療者になれるよう努めていきたいです。

Vol.2

先輩看護師
病棟勤務(5年目)

どんな時にやりがいを感じますか?

私が看護師になってやりがいを感じるときは、患者さんとそのご家族から「ありがとう」と感謝の気持ちを言ってもらえるときです。患者さんにとって看護師は病院の中でいつも身近な存在です。

身近な存在であるからこそ、患者さんの不安な気持ちを傾聴する機会も多くあります。そういった中で、患者さんとご家族に安心感を与えることができたときに、この仕事をしていて良かったと思います。

今まで印象に残っている患者さんは?

印象に残っていることは、ターミナル患者さんとの関わりです。その患者さんは「家に帰りたい」という強い希望があり、家族の協力を得つつ、病院内の他職種が連携し合い退院へと結びつけることができたことがとても印象に残っています。

Vol.3

先輩看護師
外来勤務(17年目)

育休経験者

今までどんな業務をしてきましたか?

病院で病棟看護と外来看護の両方を経験しました。病棟看護を約10年ほど経験し、二人目の子どもの育児休業期間終了後に外来へ異動しました。外来では主に内科・小児科での一般診察の介助や検査、処置、救急対応などに携わっています。

仕事と子育ての両立はいかがでしたか?

育児休業からの復帰後1年間は時短勤務を申請して働きました。周りのスタッフの理解と協力もあり、残業をすることもなく、仕事と家庭を両立しながら仕事をすることができました。

現在は3人の子どもがいますが、家族の協力のもとフルタイムで勤務し、月に4~5回の外来夜勤業務も行っています。また、子供の急な病気等でもすぐに受診させることができ、病院内の病児病後児保育園で子どもをみてもらえるので、安心して働くことができています。

忙しい中でも充実した仕事ができているのは、上司や先輩・同僚、そして何よりも家族のサポートのおかげだと感謝しています。